ホーム常光寺について行事・法要古文書・「・ッ・サ・ケ
常光寺について
臨済宗南禅寺派とは常光寺の歴史ご本尊 地蔵菩薩西の大関「八尾地蔵」狂言「八尾」八尾地蔵通夜物語又五郎太夫藤原盛継鰐口常光寺編額八尾別当顕幸墓常光寺の石地蔵大坂城の残石森本行誓宝筺印塔大坂夏の陣高虎と七十一士位牌血天井河内名所図会から見る常光寺
臨済宗南禅寺派とは

   禅宗は、3つの宗派で構成されており、黄檗宗・曹洞宗・臨済宗からなる。
もともと臨済宗では、総本山を定めず、中国南宗の五山制度を模した形態をとっていました。
1386年、鎌倉と京都にそれぞれ五山制度が定められ、京都五山は、南禅寺を別格とし、一位を天龍寺、二位を相国寺、三位を建仁寺、四位を東福寺、五位を万寿寺とした。
鎌倉五山にいたっては、一位を建長寺、二位を円覚寺、三位を寿福寺、四位を浄智寺、五位を浄妙寺とした。
   さらに京都・鎌倉五山の下には十刹諸山が定められたが、以来返還をへて、五山十刹制度は消え、現在の14派本山となった。
   現在の臨済宗14派は、妙心寺派・南禅寺派・東福寺派・建長寺派・大徳寺派・天龍寺派・相国寺派・建仁寺派・建長寺派・円覚寺派・方広寺派・向嶽寺派・国泰寺派・仏通寺派に分かれており、各派には雲水が修業する専門道場がある。
   常光寺はこの14派の中の臨済宗南禅寺派に属し、南禅寺の禅風は、開山大明国師・創建開山南院国師・開基亀山法皇の三者により確立され、その流れを汲んでいる。