ホーム常光寺について行事・法要古文書アクセス
常光寺について
臨済宗南禅寺派とは常光寺の歴史ご本尊 地蔵菩薩西の大関「八尾地蔵」狂言「八尾」八尾地蔵通夜物語又五郎太夫藤原盛継鰐口常光寺編額八尾別当顕幸墓常光寺の石地蔵大坂城の残石森本行誓宝筺印塔大坂夏の陣高虎と七十一士位牌血天井河内名所図会から見る常光寺
又五郎太夫藤原盛継

又五郎太夫藤原盛継   盛継像は立烏帽子狩衣姿で、顔にはあごひげを長く伸ばして、額には深いしわが刻まれています。手には扇を持ち、背筋を伸ばして八尾地蔵の脇に祀られています。
盛継の活躍した時代は、14世紀後半から15世紀初めの頃で南北朝の戦乱により荒廃した地蔵堂(常光寺)の再興に大変努力をした方で、お地蔵さんを信仰しお堂を守っておられました。
   盛継の関係した資材として、常光寺には嘉慶二年(1388)の鰐口(わにぐち)があり、それには盛継が寄付したと記されています。