ホーム常光寺について行事・法要古文書アクセス
常光寺について
臨済宗南禅寺派とは常光寺の歴史ご本尊 地蔵菩薩西の大関「八尾地蔵」狂言「八尾」八尾地蔵通夜物語又五郎太夫藤原盛継鰐口常光寺編額八尾別当顕幸墓常光寺の石地蔵大坂城の残石森本行誓宝筺印塔大坂夏の陣高虎と七十一士位牌血天井河内名所図会から見る常光寺
常光寺編額

常光寺編額   風雨にさらされてかなり荒れているが、文字は極めて雅やかで、やや細めの何となく高い気品と弱々しさを感じさせるが、大きく『常光寺』と記されている。
   常光寺縁起によると、足利三代将軍義満公の筆と伝える。
   義満公は、康応元年(1389)高野山参詣の帰途、常光寺に東堂・首座を訪ね、常光寺復興の有様を見て、用材の安堵を令するとともに、この額を自ら揮毛して寄進したという。
   縦80cm、幅123cmで横書きの大きなものである。

<八尾市史より引用>