ホーム常光寺について行事・法要古文書アクセス
常光寺について
臨済宗南禅寺派とは常光寺の歴史ご本尊 地蔵菩薩西の大関「八尾地蔵」狂言「八尾」八尾地蔵通夜物語又五郎太夫藤原盛継鰐口常光寺編額八尾別当顕幸墓常光寺の石地蔵大坂城の残石森本行誓宝筺印塔大坂夏の陣高虎と七十一士位牌血天井河内名所図会から見る常光寺
鰐口

鰐口   金口(かなぐち)とも言い、本堂地蔵堂の正面下に掛けられ、参拝の際に、吊り垂らした布紐を振って、これらを打ち鳴らすようにしてある。
   中は空洞で、平らな形をしており、下方に大きな口を開いているのでこの名である。
   銅製で直径43・5cm、厚さ13・5cm、重さ18kgの大きなもので、中央に径8cmの複弁の蓮華文をあしらい、周縁部に
   河内国八尾西郷常光寺地蔵之也
    嘉慶二年戊辰三月廿四日
   檀那又五郎大夫と陰刻してある。
   又五郎大夫藤原盛継は、南北朝の戦乱に焼失した常光寺の堂舎を復興し、これを寄進したもので、南北朝末の珍しい遺品である。
現在、大阪市立美術館に常設展示されている。

<八尾市史より引用>