ホーム常光寺について行事・法要古文書アクセス
常光寺について
臨済宗南禅寺派とは常光寺の歴史ご本尊 地蔵菩薩西の大関「八尾地蔵」狂言「八尾」八尾地蔵通夜物語又五郎太夫藤原盛継鰐口常光寺編額八尾別当顕幸墓常光寺の石地蔵大坂城の残石森本行誓宝筺印塔大坂夏の陣高虎と七十一士位牌血天井河内名所図会から見る常光寺
大坂城の残石

河内最古之音頭発祥地   常光寺の境内内側の隅に、130cm角の方形の巨石がある。
上部に一文字様の陰刻があり、横に「伝ヘ伝、此礎石ハ豊公大坂城造営ノ際ニオケル残石ナリトテ、茲ニ之レヲ用フルモノ也、明治39年建之、文字西郷有志者」と銘があります。
豊臣秀吉、大坂城築城の際の残り石だそうです。
   現在は、元文部大臣塩川正十郎氏の書かれた「河内最古之音頭発祥地」という石碑がその上に建立されています。